シンポジウム「自立のための教育~協働活動の意味~」のご案内

シンポジウム「自立のための教育~協働活動の意味~」
日時: 2012年3月10日(土) 15:00~18:00
会場: 神戸市立地域人材支援センター 講堂
〒653-0042 神戸市長田区二葉町7丁目1番18号
TEL: 078-646-8128
http://futabasyo.jp/
定員: 150人
主催: NPO法人ふたば
協力: 関西大学 教育・学習活動研究プロジェクトユニット(PURELA)

* 静岡県富士市にある生活介護事業所「でら〜と」の取り組みを5年にわたって記録したドキュメンタリー映画「普通に生きる~自立をめざして~」の上映会後に実施
http://www.motherbird.net/~ikiru/
上映会:
1回目/10:00〜11:30( 9:30開場)
2回目/13:00〜14:30(12:30開場)

【趣旨】
旧来の一方向型教育(いわゆる詰め込み教育)でもなく、双方向型教育(教える者と学ぶ者が影響し合う)でもない、教える者と学ぶ者あるいは強者と弱者の相互依存関係を超えて、互いの自立を目指すような拡張的教育のあり方を参加者とともに探りたいと思います。映画「普通に生きる」が教育の本質を示唆するものですので、それと連続する形でシンポジウムをおこないます。

【プログラム】(敬称略)
15:00~15:05 開催の挨拶: 山住 勝利(NPO法人ふたば)
15:05~16:00 基調講演: 成田 喜一郎(東京学芸大学 教職大学院 教授)
「境界と限界を超えるホリスティック教育—協働の未来を探る」
16:00~17:00 討論
17:00~17:30 コメント: 山住 勝広(関西大学 文学部 教授)
17:30~18:00 質疑応答

● 参加費は無料です。参加をご希望の方は、お名前・ご所属を電子メールで info@chat.kansai-u.ac.jp までお知らせください。

※ 個人情報の取扱について
今回ご連絡いただきます個人情報は、事務連絡等、本シンポジウムの活動以外の目的には使用いたしません。

シンポジウムご案内チラシはこちら
3・10 シンポジウム_チラシ