活動理論研究会のご案内

2018年3月11日(日)、関西大学梅田キャンパスにて、活動理論研究会を下記の通り開催いたします。ご関心をおもちの皆様のご参加をお待ちいたしております。
●日時: 2018年3月11日(日)10:30-17:00
●場所: 関西大学 梅田キャンパス 7階 701号室
関西大学梅田キャンパス KANDAI Me RISE ホームページ
http://www.kansai-u.ac.jp/umeda/index.html
●参加費: 無料
●プログラム(敬称略)
《研究発表》
10:30-11:10
・東 史恵(専修大学大学院経営学研究科博士後期課程)
「介護ロボットの開発・導入における開発者・ユーザーらの相互学習:拡張的学習の観点から」
11:10-11:50
・川見 夕貴(三重大学大学院地域イノベーション学研究科博士後期課程)
「学校教育における舞台芸術活動の学びの構造—大鹿中学校歌舞伎学習を事例として—」
12:50-13:30
・根津知佳子(日本女子大学家政学部児童学科)
「音楽活動における内的矛盾~童謡『待ちぼうけ』の表現をめぐって~」
《講演》
13:30-14:40
・百合草禎二(常葉大学名誉教授・主体科学としての心理学研究所)
「主導的活動論からみた保幼小連携の問題」
14:46 東日本大震災7周年 黙祷
《シンポジウム》
15:00-17:00
「拡張的学習の理論と学校教育の創造」
シンポジアスト
・緩利 誠(昭和女子大学)・青木 幸子(昭和女子大学)
「何が教師と生徒を『越境による共創』へと駆り立てるのか?~Co-Creative Learning Sessionという挑戦から見えてきた現実と可能性~」
・森 保(大阪教育大学附属天王寺小学校)
「活動理論の視点からみる発見学習の可能性~学習Ⅱから学習Ⅲへの移行に関わる具体的事例の検討~」
・山住 勝広(関西大学)
「拡張的学習の理論と教育実践の研究開発」
司会
・冨澤美千子(横浜美術大学)
●参加をご希望の方は、次のサイトからお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/505691/
【個人情報の取扱について】
今回ご連絡いただきます個人情報は、本研究会の実施にかかわる事務連絡やご案内以外の目的には使用いたしません。